Mompreneurs

WELLNESS & BEAUTYどんなときも、カラダとココロをすこやかに

MP choice!第16弾

ママプレナーズにオススメする情報を配信する企画です◎

ママプレナーズにオススメする情報を配信する企画です◎

この企画の目的としては…

ママプレナーの方々が、何を目にし、何に触れ、何を学んできたか…その方法は分野も違ければ環境も違います。方法としても間違っている…あっている…というのは、人それぞれ違いますし、やってみなければ分からない。触れてみたら、学んでみたら合っていた、楽しい、楽になったという事もあります。

事業をされている先輩方や、これから起業をしたいと考えている方にとって、今より考えや視野が広がるような情報提供と、心や環境が豊かになる要素を盛り込んだ記事の配信が出来ればと思います。

——–

今回は「学」です。大人になったからこそ、広い視野をもって読める絵本を紹介します!

 

 

NEW

大人になって読み返してみる絵本

絵本は子どものためだけにあるわけではないと思うのです。子どもの時に読んだ時とは違った観点からの発見があり、様々な感情を持つでしょう。経験を重ねたからこそ、今だからこそ共感出来たり、言葉や絵が心に染みたり、刺さったりしますよね。是非、子どもの頃に読んだ絵本や、今まで読んだことのなかった絵本に手を伸ばしてみませんか?そして、お気に入りの絵本は、自分の子どもや孫へと引き継いでもらうのも、素敵かもしれませんね。最近では絵本カフェも人気で、絵本を楽しむ大人は増えてきています。

Samantha オススメ絵本5

Samantha オススメ絵本5

5-「わすれられないおくりもの」

作者:スーザン・バーレイ/絵:小川仁央/出版社:評論社

この本は…

友人の死を通して、知恵や工夫を共有しながら、残された者たちが日々を生きていくことの大切さを語った秀作。ペン画に淡い水彩で着色されたイラストと穏やかな文章が、人間の生き方を前向きに語りかけます。在りし日のアナグマに思いを巡らせる仲間たちの幸せそうな顔は、友人の素晴らしさ、思い出の美しさを同時に伝えています。アナグマが残してくれた贈り物とは? 「死」を迎え入れ、乗り越えるきっかけを、静かに深く示してくれる作品です。(評論社)

ストーリー

賢くて何でも知っているアナグマは、いつもみんなから頼りにされ慕われていました。でも、秋の終わり、年をとったアナグマは、自分の死を悟ります。そしてある夜、長いトンネルを浮き上がるように走る夢を見ながら、死にました。「長いトンネルのむこうに行くよ、さようなら アナグマより」という手紙を残して――。かけがえのない友だちを失い、残された仲間たちは悲しみでいっぱいです。みんな、どうしていいかわかりませんでした。春が来て外に出られるようになると、みんなは互いに、いろいろなことを教えてくれた優しいアナグマの思い出を、語り合うようになりました。(表紙カバーより)

ストーリー

この絵本の魅力

アナグマは、もの知りで 賢い。みんなからとても頼りにされていた。冬のはじめ、アナグマは死んだ。かけがえのない友を失った悲しみで、みんなはどうしていいかわからない…。友だちの素晴しさ、生きるための知恵や工夫を、伝えあっていくことの大切さを語り、心にしみる感動を残す絵本です。

 

ママの皆様へ

友を失ったみんなは、どう、悲しみを乗り越えていくのでしょうか。この絵本は、友人同士のあり方や、たがいに、心や技を伝えあっていくことの大切さや人間の生き方をも、教えてくれているような静かな美しいお話となっています。優れた作品は、読む人それぞれの思いや経験によって、さまざまな新しい発見があることと思います。この絵本との出会いが、子ども達、ママ達にとって貴重なものとなりますように!

Samantha オススメ絵本6

Samantha オススメ絵本6

5-「100万回生きたねこ」

作者・絵:佐野洋子/出版社:講談社

この本は…

一匹のねこが輪廻転生を繰り返していく様を描いた作品。子どもより大人からの支持を得ているとの評価も見られ、「絵本の名作」と呼ばれることも少なくないです。読み手により様々な解釈が考えられますが、それまで心を開かずに虚栄心のみで生きていた猫が、恋をして家族を持ち、大切な人を亡くすことで、はじめて愛を知り悲しみを知る…という、シンプルだが深いストーリーが印象的な作品です。

 

ストーリー

100万回も死んで、100万回も生きたねこがいました。王様、船乗り、手品使い、どろぼう、おばあさん、女の子・・・。100万人の人がそのねこをかわいがり、100万人の人が、そのねこが死んだときに泣きました。あるときねこは誰のねこでもない、のらねこになりました。自分が大好きなねこは、めすねこたちに、ちやほやされて有頂天になりますが、一匹の白く美しいねこに魅せられます。やがて子どもが生まれ、自分よりも大切な家族を持つことに。そして・・・。100万回死んでも悲しくなかったねこは、はじめて愛することを知り、愛する者を失って涙を流すのです。(講談社)

ストーリー

この絵本の魅力

この本は、大人のための絵本と言い切ってもいいかもしれません。すごいバイタリティーをもって生き、かつ死んだ話です。様々な境遇、立場の人が開いて読んでみても、受け入れられる不思議な話のような気がしています。飼い主へのつながりが無視され、前半と後半が途切れているように見え…実は、読み進めると繋がってくる不思議な絵本なのです。感慨深く面白いと評判が高い絵本となっていますので、是非試して頂きたいです。

 

最後に…

久々に絵本を開くと、その絵や短い言葉の意味の奥深さに胸打たれることが多く、まだ手にしていない絵本を探しに、本屋へ行きたくてうずうずしてしまう自分がいます。今回紹介した2冊は、絵の雰囲気やレビューに惹かれ購入しました。「パッと目についた」「このイラストがすき」そんな理由で手に取り中を見たところ、知らずに涙することもあります。まだまだオススメしたい絵本がありますので、また掲載したいと思います。

次回テーマは「食」です!私が個人的にFacebookで発見した「○○○倶楽部」。動画つきの説明もあり、無添加、発酵、酵母などレシピを紹介し、料理教室も行っている倶楽部です。その中でも発酵調味料というワードについて調べたので、作り方レシピなども載せて次回紹介したいと思います!!!○○○は次回明かしますね!お楽しみに〜

Fin.

Mompreneurs Network Japan

Writer

Mompreneurs 編集部

Mompreneurs 編集部です。

MAIL MAGAZINE

Coming soon.

Share this post with your friends♡

MOMPRENEURS STORY

内海 裕子2016/8/3

内海 裕子

園延 妙子2016/7/30

園延 妙子

船曳 桜子2016/7/30

船曳 桜子