Mompreneurs

WELLNESS & BEAUTYどんなときも、カラダとココロをすこやかに

MP choice!第10弾

ママプレナーズにオススメする情報を配信する企画です◎

ママプレナーズにオススメする情報を配信する企画です◎

この企画の目的としては…

ママプレナーの方々が、何を目にし、何に触れ、何を学んできたか…その方法は分野も違ければ環境も違います。方法としても間違っている…あっている…というのは、人それぞれ違いますし、やってみなければ分からない。触れてみたら、学んでみたら合っていた、楽しい、楽になったという事もあります。

事業をされている先輩方や、これから起業をしたいと考えている方にとって、今より考えや視野が広がるような情報提供と、心や環境が豊かになる要素を盛り込んだ記事の配信が出来ればと思います。

——–

今回は、美容。第一印象で大事な目元についてが今回のテーマです!

NEW

目元の「たるみ」

目の周りには、皮膚が薄く加齢により表情筋が衰え、脂肪や皮膚を支える力が弱くなり、たるみやすくなります。一日に何万回以上も瞬きをする目は、たるみやすいのです。皮脂腺も少ないので乾燥しやすく、ハリを保つ力も弱いので、肌の乾燥によって弾力や潤いが失われている場合があります。筋肉は使わないで何もしなければ衰えて脂肪になり、重力に負けてたるみへ。

目元の「クマ」

「クマ」には大きく分けて3つあると言われています。

種類

①「青クマ」・・・皮膚の下の静脈の色が青く見えるもので、皮膚を引っ張られても動きません。

②「茶クマ」・・・皮膚の色素沈着によるもので、皮膚が引っ張られるとクマも一緒に動きます。

③「黒クマ」・・・皮膚が引っ張られて伸びるとクマの色が消えて見えなくなります。

青クマって…?

一番の青クマの原因は、血行不良!!

睡眠不足や疲労により血行が悪くなってできます。対策として、まず血行をよくすることが一番です。入浴や蒸しタオルなどで目の周りを温めることが大事なんです!血行をよくする目元のツボ(目頭→眉がしら→目尻→目の下のくぼみ)の順で目の周りをグルッと一周優しく押してあげると、疲れが和らぎますのでオススメです。毎日しっかり睡眠をとることが、青クマを撃退する近道ですよ!

青クマって…?

茶クマって…?

茶クマの原因は、色素沈着です!シミやソバカスと同じ皮膚の色素沈着でできます。

シミと同様、一度出来てしまったものは消せないので、肌のターンオーバーによって徐々に薄くなるのを待たなければなりません。その間に守るべきことは、まずUVケアをしっかり行い、こすったり刺激を与えないようにします。同時に、メイクはしっかり落とすことが大事です。茶クマは、紫外線や外部からの刺激によって出来るので、日頃の注意が必要なんです。

黒クマって…?

黒クマは、たるみやシワによって、下まぶたが下がることで出来ます。

影が出来ているだけなので、目尻を軽く引っ張るとクマが見えなくなります。なので、対策としては簡単なんです!とにかく保湿!保湿!保湿!です(笑)乾燥したことで目元のシワが増えると、黒クマが悪化してしまいます。また、たるんだ下まぶたをリフトアップするために、筋トレが効果的だと言われています。目の周りの『眼輪筋』というドーナッツ状の筋肉を鍛えるためには、以下の方法があります。

 

黒クマって…?

目のクマやたるみ解消1分間でできること

◆薄目を開けた状態を10秒キープします。

◆目を閉じて、目頭から目尻へ指で軽く押します。

◆こめかみ周辺を優しく押します。

◆人差し指と中指パタパタと交互に軽くたたきながら、目頭と目尻の間を何度も往復させます。

 

これら上記に上げた内容は、アイリストをしている、自身の妹より伝授してもらった情報です。自分自身がモーレツに働いていた頃も、寝不足などで、よくクマが出来ていました。蒸しタオルやこめかみ刺激ではなく、美容液を塗る際に優しいマッサージを実践して、とても簡単なのに効果を感じたので、掲載しました。『人の第一印象は表情!』要するに、目元や口元が大事なんです。口元なら口角を上げて…というようなことです。目元もキラキラさせましょう!是非お試しください♪

Mompreneurs Network Japan

Writer

Mompreneurs 編集部

Mompreneurs 編集部です。

MAIL MAGAZINE

Coming soon.

Share this post with your friends♡

MOMPRENEURS STORY

内海 裕子2016/8/3

内海 裕子

園延 妙子2016/7/30

園延 妙子

船曳 桜子2016/7/30

船曳 桜子