Mompreneurs

WELLNESS & BEAUTYどんなときも、カラダとココロをすこやかに

MP choice!第15弾

ママプレナーズにオススメする情報を配信する企画です◎

ママプレナーズにオススメする情報を配信する企画です◎

この企画の目的としては…

ママプレナーの方々が、何を目にし、何に触れ、何を学んできたか…その方法は分野も違ければ環境も違います。方法としても間違っている…あっている…というのは、人それぞれ違いますし、やってみなければ分からない。触れてみたら、学んでみたら合っていた、楽しい、楽になったという事もあります。

事業をされている先輩方や、これから起業をしたいと考えている方にとって、今より考えや視野が広がるような情報提供と、心や環境が豊かになる要素を盛り込んだ記事の配信が出来ればと思います。

——–

今回のテーマは「健康」です!以前、健康になるために白湯をオススメしたのですが、覚えていますでしょうか?今回は、海外でも 大人気!「日本人にはおなじみの、あの飲み物」をご紹介したいと思います。

NEW

ここがすごい!実際の効能!

◆ガン抑制効果…

緑茶に含まれるポリフェノールやカテキンが、細胞のがん化を予防すると言われています。更に、ビタミン類には、発ガン物質の作用抑制をする働きがあります。

◆虫歯・口臭予防

毎食後、少し濃い目のお茶で口をすすぐと効果大で、うがいは、病原菌だけでなくニオイにも効果があります。

◆美容

みかんの4〜7倍のビタミンCが含まれており、まさに「美容飲料」とも呼ばれています。ビタミンCは、肌の弾力性を高めて水分の減少を防ぎ、肌の色を黒くする、メラニン色素の生成を抑制する効果があるんです!

他にも、緑茶には老化を防ぐ効果のある「ビタミンE」を、はるかに超える効果があると、岡山大学医学部の研究で明らかにされています。(お茶の効能

 

ここがすごい!実際の効能!

温度によって変わる効能?

緑茶は、80〜85度を超えた熱湯で淹れると…

カフェインとカテキンの量が増えるとされているので、目を覚ましたい時、シャッキっとしたい時には、高めの温度の熱湯で淹れるのが効果大なんです。

それとは逆に、ぬるめの温度で淹れた緑茶は、寝る前に適していて、安眠効果があります。

「カテキン」を効率的に 摂取するなら高温度で!

カテキンは、80℃以上の温度で溶けだしやすくなります。ポリフェノールの一種で、お茶の渋みの由来になります。

<期待できる効果としては…>

「悪玉コレステロールの低下」「脂肪の吸収をゆるやかにする」

「がん予防」「抗酸化作用」「抗菌作用」

脂質や糖質、炭水化物をたくさん摂る食事の最中や後には、高い温度で5分以上抽出した、濃く渋いお茶を飲むといいでしょう。

「テアニン」でリラックスしたい時には?

テアニンは、50℃~60℃で10分以上淹れる、または水出しすることで、リラックス効果を得ることができるといいます。アミノ酸の一種で、お茶の甘みの由来となります。

<期待できる効果としては…>

「神経を落ち着かせる」「ストレスを軽減する」

そのリラックス効果から、入眠前に飲むと睡眠の質が改善するといわれています。睡眠前に、お茶を飲むとカフェインで目が覚めてしまう…なんて思いませんか?低温でじっくり淹れることでテアニンを多く抽出しながらも、カフェインの抽出を抑えることができるのです。(飲み物でストレス解消:緑茶

最後に

緑茶の奥深さは、計り知れず…肥満・ボケ防止・免疫力UP・記憶力向上・二日酔いなど様々な効果があります。ですが「いい薬も飲みすぎれば毒」になります。緑茶も飲みすぎると、腹痛や下痢が起こり、貧血になってしまいます。さらには、緑茶はカラダを冷やす飲み物!ということは、代謝が落ちるので、脂肪燃焼しづらくなるので、結果太りやすいカラダにしてしまうのです。

せっかく、ミネラル豊富な緑茶を飲むのであれば、カラダに悪影響を及ぼさないよう、飲み過ぎには十分注意しておきたいですね。

次回は…

第16弾は「学」です。まだまだ前回引き続き「絵本」を紹介したいと思っています。誰かの心に残る生き方がしたい…そのために、今何ができるだろう…そんなことを考えさせられた素敵な絵本です。楽しみにしていてくださいね!

Mompreneurs Network Japan

Writer

Mompreneurs 編集部

Mompreneurs 編集部です。

MAIL MAGAZINE

Coming soon.

Share this post with your friends♡

MOMPRENEURS STORY

内海 裕子2016/8/3

内海 裕子

園延 妙子2016/7/30

園延 妙子

船曳 桜子2016/7/30

船曳 桜子