Mompreneurs

WORKSTYLE & LIFESTYLE育児と仕事を両立するためのヒント

#028 託児・スペース経営|Mompreneur®Profile

ママプレナー®のワーク&ライフスタイルを知りたい!

ママプレナー®のワーク&ライフスタイルを知りたい!

「これから事業をやりたいけれど、私ママだけどできる……?」

「子育てと仕事の両立って本当にできる……?」

「家族やパートナーの理解を得るには……?」

 

そんな疑問や不安を抱える女性のために、子育てをしながら事業(会社経営、個人事業、フリーランスなど)をする

=「ママプレナー®」の方々の、リアルなお話を伺いました!

[関連記事]


Q1 : 事業を始めようと思ったきっかけは?

Q2: 事業を始めるに当たって、知識などはどのように集めましたか?

Q3: 事業を始める事を決めてから実行するまでの間に、不安や葛藤はありましたか?

Q4: 事業を始めて、最初の仕事について教えて下さい

Q5: 事業に関して相談する相手はいますか?(メンターやアドバイザーなどの存在)

Q6: 家族の協力は?

Q7: 自己資金は幾らくらい準備しましたか?

Q8: 今までどのようなお仕事をされてきたのか、教えて頂けますか?

Q9: 1日のスケジュールについて教えてください

Q10:事業を継続するにあたり、必要と考える要素3つ教えて下さい

Q11: これからの目標について教えてください

Q12: 普段持ち歩いているカバンの中を見せてもらってもいいですか?

——————————————–

Profile

白井智子(Tomoko Shirai)

年代:20代/ご出身:東京都/お住まい:東京都渋谷区/家族構成(お子様の人数):夫、息子(5歳)、犬1匹、祖父母は別居/家事や育児のサポーター:パートナー/事業内容:託児、幼児教育、スペース運営プロデュース等/会社(店舗)の場所:渋谷区神宮前5−29−9/事業年数:1年/社員とアルバイトの人数:従業員5名

株式会社ミライLABO代表。リゾートホテルにて経営企画室として約7年、その間に新卒者研修の講師として全国の店舗を回る。その際に、幼児期の教育の大切さを実感。出産を機に専業主婦になるが、孤独な子育てから育児ノイローゼになり、その経験から青山のウェディング会社にて「ママが安らげる親子カフェ」を社内起業。ウェディング、レストラン、カフェ、全体の指揮をとる中で、人材教育に従事。幼児教育の事業を立ち上げるべく独立。

公式サイト

NEW

Q1:事業を始めようと思ったきっかけは?

自分自身が育児ノイローゼになり、働き始めましたが、働きすぎが原因で子どもが吃音症状に。そこから働き方のバランスを考えたら、起業という形が一番シンプルでした。起業の直前は青山で親子カフェ(4階の小さなカフェ)を1年半経営していました。こちらは会社の社内起業でしたが、初年度の来店者は3,800名、初年度の売上は1,600万を達成しました。(当時アルバイトママスタッフ3名)

>どうしてその分野での事業を考えたのか?

-約10年、人事教育、マナー講師を務める中で、幼児期の教育がいかに重要かを痛感したため。自分で起業するなら、幼児期の子どもたちに関わりたかった。

>なぜ今の場所を選ばれましたか?

-自分の生活圏だったので。職住接近はママである私にとっては、合理的選択です。

Q2:事業を始めるに当たって、知識などはどのように集めましたか?

自走しながらです。先輩たちに意見を求めたり、行政の手続きなどを自力で調べたり、多くは先輩経営者さんたちです。

Q3: 事業を始める事を決めてから実行するまでの間に、不安や葛藤はありましたか?

決めてから実行までに葛藤はありませんでした。とにかく、やると決めたらやるしかない!と。笑

>その不安や葛藤をどのように乗り越えて来ましたか?

とにかく明るい未来を想像すること、目標を高く持ち続けることですかね。

Q3: 事業を始める事を決めてから実行するまでの間に、不安や葛藤はありましたか?

Q4:事業を始めて、最初の仕事について教えて下さい。

ビラ配りをスタートし、それを見た方が最初のお客様です。初月は120名の方が来てくれましたね。

Q5:事業に関して相談する相手はいますか?

先輩経営者さんのメンターがいますが、時に厳しく常に厳しく(笑) 「おまえが頑張っているとか、一切興味ないから。結果を出さないのが一番ダサイから」と言われた言葉は一生忘れません。何か大事な時には必ず叱咤激励して頂いて、今の私がいます。

Q6: 家族の協力は?

パートナーです。今まで(被雇用者)のように、給料が安定するとは限らないことや、時間変動になることを理解して貰えるよう、パートナーに話をしました。

Q6: 家族の協力は?

Q7:自己資金は幾らくらい準備しましたか?

300万円です。

Q8:今までどのようなお仕事をされてきたのか、教えて頂けますか?

全国に支店を持つ大型リゾートホテルで経営企画と全国の新人教育の講師を担当していました。結婚後も続け、出産目前ギリギリまで働きました。出産後は1年半専業主婦を経て、社会復帰。複合型施設(ウェディング、飲食、シェアオフィス等)でアルバイト(週2日〜)から執行役員に。その後親子カフェを開業し、現在に至ります。

Q9: 1日のスケジュールについて教えてください

お仕事のある1日…

Q9: 1日のスケジュールについて教えてください

Q10:起業を継続するにあたり、必要と考える要素3つ教えて下さい

初心  周りへのおかげさまの心  困難にも負けない強さ

Q11:これからの目標について教えてください

起業自体はまったく大変なことではありませんでした。ただ、「経営」はまったく別物で日々勉強中です。様々なパートナー企業さんと、これから一期二期三期と継続させながら、多くの子どもたち、ママさんたちの笑顔を増やしていきたいですね。

Q12:普段持ち歩いているカバンの中を見せてもらってもいいですか?

Q12:普段持ち歩いているカバンの中を見せてもらってもいいですか?

出張の際にも、小さなかばんひとつで出かける白井さん。荷物はあまり持ち歩かないそうです。

白井さん、有り難うございました!!!

Mompreneurs Network Japan

Writer

Mompreneurs 編集部

Mompreneurs 編集部です。

MAIL MAGAZINE

Coming soon.

Share this post with your friends♡

MOMPRENEURS STORY

内海 裕子2016/8/3

内海 裕子

園延 妙子2016/7/30

園延 妙子

船曳 桜子2016/7/30

船曳 桜子